目的の英語力が身につく教室の見分け方

英会話スクールへ通う目的は人それぞれ。「会社の公用語が英語になったから」「海外旅行を満喫するために英語を話せるようになりたい」「昇進のためTOEICスコアをアップさせたい」「洋画を字幕なしで観たい」「英語が話せるようになればカッコイイ」「海外転勤が決まって短期間でビジネス英語を身につけたい」「キャリアアップしたい」など、それぞれ目的は違います。
そこでここでは、英語習得の目的によって英会話スクールを選ぶコツをご紹介します。どんな英会話教室へ通えば良いか迷われている方は、ぜひ参考にしてください。

目的の英語力が身につく教室の見分け方

 

習得目的で異なる英会話スクールの選び方

英語習得の目的に合わせて英会話スクールでは、様々なコースを用意しています。それぞれのコースの解説と選び方をご紹介します。

日常英会話コース 日常英会話コース

英語レベルに応じて、日常で使う会話を学んでいきます。挨拶や単語での対応、基本的な構文を使って会話したり、コミュニケーションを楽しみながら長い文章を話したりすることができるようになります。また英語レベルやスクールの方針によって講師が日本人だったり、外国人だったりします。

[こんな人におすすめ]

  • 海外旅行を満喫するために英語を話せるようになりたい人
  • 洋画を原作のままで観たい、洋書を原作のままで読みたい人

[スクールの選び方]

自分の英語レベルに合っているか、目標とするレベルがあるか
各スクールに設けられている日常英会話コース。公式サイトでどのようなコース内容なのかを確認し、今の自分の英語レベルに合っているか、目標とするレベルがあるかをチェックしましょう。

グループ、マンツーマンといったレッスン形態を選べるか
各教室の公式サイトでグループ、マンツーマンといったレッスン形態を選べるかをチェックします。マンツーマンレッスンで講師が担任制の場合、あまり良くない講師が担当になると、学習ベースや成果が思うようにならない可能性があります。担任制でも相性の良い講師が見つかるまで、講師を変更できるなどのサポート体制があるかどうかを確認しておきましょう。

講師のレベルにムラがない工夫がなされているか
英会話スクールによっては、担任制ではないところもあります。その場合は講師のレベルにムラがなくなるようレベルアップのための研修をしているか、しっかりしたレッスン教材で教え方にムラが出ないよう工夫されているかを確認すると良いでしょう。

グループレッスンの定員数は何人までか
グループレッスンを受講したい場合は、レッスンの定員数が何人までかを確認しておきましょう。なぜならレッスンの時間は限られています。あまりにも人数が多いと自分が話す時間が少なくなってしまいます。逆に人数が少ない場合、話す回数は増えます。しかしクラスメイトの発音や表現の仕方、講師から他のクラスメイトへのアドバイスを聞ける回数も人数と比例して減っていきますので、多過ぎず少なすぎずの定員数かを確認するようにしましょう。

 

ビジネス英語コース ビジネス英語コース

海外企業との取引が増えたり、海外へ進出したりとビジネスの場で英語を使う機会が増えているといいます。基本的にビジネス英語は日常会話の一部のスキル。英会話スクールでは「海外の取引先への商談や交渉」「外国人社員との会議」「海外からのメール対応」「英語圏ならではのビジネスへの考え方」「国際電話の取次ぎ」など、ビジネスに必要な様々なスキルをテーマにしたカリキュラムが用意されています。受講できる内容は、自分が必要とするものを選択して受けられるスクール、初級者・中級者・上級者といった英語レベルに応じたコースが用意されている教室など、各校によって違うようです。

[こんな人におすすめ]

  • 会社の公用語が英語になった人
  • 海外転勤が決まってビジネス英語を身につけたい人
  • 海外企業との商談を控えている人
  • 海外の取引先とメール対応が必要な人
  • 海外進出に伴い、出張を控えている人

[スクールの選び方]

学習メソッドが自分に合っているか
英会話スクールによって学習メソッドは様々。英会話イーオンなら「ルールを理解し、表現力を身につけて、会話がスムーズに」という教授法、ECC外語学院なら「自分から発信する力を引き出す」というメソッド。どのメソッドが自分に合うのかをしっかりと見極めましょう。

自分が習得したいスキルのカリキュラムがあるか
ビジネス英語コースといっても、英会話スクールによってその内容は様々です。各スクールの公式サイトで自分が身につけたいスキルのカリキュラムがあるかどうかを必ずチェックしましょう。さらに希望するカリキュラムがあるとしても、レッスン時間が十分確保されているか、体験レッスンのときに確認するといいでしょう。

自分に合っているレッスン教材かどうか
英会話スクールで独自開発したものや語学学校で使用されている教材など、教室によってレッスンで使う教材は様々です。どれがいいという訳でもありませんが、自分に合っている教材かどうかを体験レッスンで確認するようにしましょう。

講師のレベルはどうか
日常英会話、ビジネス英語問わずレッスンを受ける上で最も重要なのが、やはり講師のレベルです。どんなに素晴らしいカリキュラムでも、講師のレベルが低ければ成果に大きく影響します。また講師の出身国によって英語の発音が違ったり、表現や言い回しも変わったりしますので、体験レッスンで講師の熱意やバックグランドなどをチェックしましょう。さらに体験レッスンの講師がレッスンを担当する人とは限りません。担任制なのか、毎回変わるのかも確認しておくといいでしょう。

 

PAGE TOP