料金システムによるトラブルを回避するには

英語を話せるようになりたい…、仕事でビジネス英会話が必要になった…、会話力を身につけて海外旅行を楽しみたい…など、英会話スクールへ通う目的は人それぞれです。目的の英語力を身につけるため、英会話スクールへ通おうと決意したなら、後でトラブルに巻き込まれないよう、英会話スクールの料金システムについて理解することが重要です。

料金システムによるトラブルを回避するには

 

英会話スクールの料金システムは大きく分けて3つ

英会話スクールの料金システムには大きく分けて「契約期間一括払い」「チケット制・ポイント制」「月謝制」の3つ。どのようなシステムなのか、どんな違いがあるかをしっかり理解しておかないと、後でトラブルになる可能性があります。それぞれとのような特長があるのかをまとめていきますので、必ず確認してくださいね。

契約期間一括払い 契約期間一括払い

契約期間(1年、2年など)のレッスン料金をまとめて支払う料金システムです。
レッスンの受講前に英会話スクールと契約し、まとめて料金を支払います。
そのため、初期費用は数十万円と高額に。

メリット
支払っているのでレッスンに集中できる
受講期間が長いと割引額が大きくなる
毎月料金を支払う手間がかからない
デメリット
初期費用の負担が大きい
解約時、未受講分の手続きが煩雑
期間で契約しているので辞めづらい
契約期間一括払い
英会話スクール
大手英会話スクール 英会話イーオン、ベルリッツ
短期集中型英会話スクール ライザップイングリッシュ、スパルタ英会話、トライズ
 

チケット制・ポイント制 チケット制・ポイント制

受講したい回数のレッスンチケットやレッスンポイントを前払いで購入する料金システムです。
所有するチケットやポイントの分だけレッスンを受けることができます。
そのため初期費用は、数万円~数十万円に。

メリット
まとめて購入すれば割引額が大きくなる
受講した回数で消化されるためムダがない
毎月料金を支払う手間がかからない
デメリット
初期費用の負担が大きい
解約時、未受講分の手続きが煩雑
有効期限内に使い切らないとムダになる
チケット制・ポイント制
英会話スクール
大手英会話スクール ECC外語学院、Gabaマンツーマン英会話
小規模英会話スクール 日米英語学院、ワンナップ英会話、7アクト
 

月謝制 月謝制

月ごとに決まった金額を支払う料金システムです。
月々支払うのでお金に関するトラブルが起きにくいのが特長。
初期費用は、数千円~数万円で済みます。

メリット
初期費用が低額で抑えられる
はじめたいと思ったときにすぐはじめられる
辞めるときにトラブルが起きにくい
デメリット
まとめて購入するよりも高いケースがある
通えない時でも支払わないといけない
受講日が固定になっているスクールが多い
月謝制
英会話スクール
大手英会話スクール シェーン英会話
小規模英会話スクール 英会話リンゲージ、7アクト
 

よくあるトラブル「チケット制・ポイント制」「契約期間一括払い」の落とし穴

3つの料金システムのメリット、デメリットを紹介しましたが、その中でも中途解約のトラブルが多いのはチケット制・ポイント制と一括払いです。では一体どんなトラブルがあるのでしょうか?契約前にぜひご確認ください。

チケット制・ポイント制と一括払いの支払い方法は前払いのため、引っ越しや転勤など様々な事情でどうしても英会話スクールを辞めなければならない場合、未消化分のレッスン料の払い戻しでトラブルが発生しやすいといいます。

[解約時のトラブル例]

  • レッスンの予約が取れないために、チケット・ポイントが消化できない
  • 中途解約を申し出ても、解約に応じてくれない
  • 払い戻しの処理が不透明できちんと行われていない
  • 余った分のチケット代やポイント代がほとんど返金されない

このようなトラブルに巻き込まれないためにも、料金システムによってメリット・デメリットがあることを理解し、契約前には必ず中途解約できるかのチェックは必要です。

 

トラブルに遭遇しないために

無料体験レッスンで解約方法をチェックしよう!

公式サイトを見ても、解約について書かれているものはほぼありません。それなら無料体験レッスンを受けて、事前に確認することがベスト。無料体験ではレッスンに参加する以外にも、カウンセリングの時間があり、コース内容や支払い方法の説明を聞くことができます。
そこで中途解約ができるかどうか確認しましょう。最初でそんな話をするのはどうなの?と思われるかもしれません。しかし、トラブルを避けるためには大切なことです。スタッフがどのような対応をするかで、良い英会話スクールなのか判断できます。やましいことがない英会話スクールは、きちんと説明してくれるはずですよね。「始める前からそんな考えはダメですよ!頑張りましょうよ!」なんてはぐらかすようなスクールは、中途解約にスムーズに応じない可能性があるので要注意

もちろん口頭だけの説明では不十分なので、説明書など書類があるかどうかもチェックしましょう。

 

PAGE TOP