万が一のときに正しく伝わる!?「危険」を伝える英語表現とは

「危険」を表す英語表現、あなたはいくつ知っていますか? 英語には、危険の度合いによって、さまざまな表現や単語があります。万が一のときのために、しっかり学んでおきましょう。単純に危ないときだけでなく、悪い結果を招きそうなときや、命の危険がある場合など、シチュエーション別にご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

万が一のときに正しく伝わる!?「危険」を伝える英語表現とは

 

基本の「dangerous」を知っておこう

日本人にもっともなじみのある「危険」の表現は、「dangerous」ではないでしょうか。これは、危険の程度に関わらず使える単語なので、とても便利です。そのぶん、いろいろな状況で使われるので、使い方をしっかり頭に入れておきましょう。

“It's dangerous to go walking alone at night.”
夜中に一人で外を歩くのは危険だ。

“Alcohol is a dangerous substance if taken in large quantities.”
アルコールは大量に摂取すると危険物質と化す。

“It’s dangerous to cross the river.”
その川を渡るのは危険です。

 

「安全ではない」状況には「unsafe」を

“safe”(安全だ)の否定語である”unsafe”は、そのまま「安全ではない」という意味です。直接「危険だ」と言うより、少しやわらかい表現になります。

“It is unsafe to keep a large sum of money in the house.”
家の中に大金を置いておくのは危険です。

“I feel unsafe walking alone at night.”
夜に一人で外を歩くのを安全ではないと感じる。

このように、「unsafe」は直接「危険だ」と言うわけではありませんが、根本的には「危険」という意味があるので、「dangerous」の代わりによく使われます。

 

損害が生じる危険性には「risky」

日本語でも、「その計画にはリスクがある」などと表現しますよね。その行動をしたときに、こういう損害の可能性があるよ、というときに使うワードが「risky」です。

“I don't want to do anything risky.”
私はリスクがあることはやりたくない。

“Taro is in a risky situation in science class.”
太郎は理科のクラスで(落第の)危険がある状況だ。

 

健康や環境に悪い影響がある危険性には「harmful」

とくに怪我や病気などのおそれがある物事に対して使われます。どちらかというと、「危険」よりも「有害な」というニュアンスが強い表現です。

“This food is harmful to humans.”
この食べ物は人間にとって有害です。

“Drinking alcohol is harmful to your health.”
飲酒は健康に悪いです。

“The crop this year was damaged by a harmful insect.”
今年の収穫物は害虫によって台無しになった。

 

差し迫った大きな危険には「perilous」

「perilous」は危険に満ちている様子を表すワードです。もう防ぐことができないくらい差し迫った危険が降りかかろうとしているときに使ってください。

“We are appalled at the perilous state of the farming and fishing industries.”
我々は農業と漁業の深刻な状況に身の凍る思いがした。

“The situation was extremely perilous.”
状況は極めて危険だ。

“It was a perilous journey.”
かなり危険な旅でした。

 

死の危険があるほどの危険性には「lethal」

人を死に至らしめる危険や、病気や怪我どころでなく死に追いやるような重大な状況のときに使えるのが「lethal」です。日本でも「リーサルウェポン」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。これは英語で書くと「lethal weapons」で、核兵器という意味になります。

“The lethal ash fell upon her after the bomb.”
爆発の後、彼女に死の灰が降りかかった。

“These mushrooms contain lethal doses of poison, so you must not eat them.”
このキノコは致死量の毒が含まれているので絶対に食べてはいけません。

 

PAGE TOP