リアクションジェンヌになる!上手な英語の相づちリスト

自分が話をしているとき相手がいいところで相づちを打ってくれると、とても話しやすくなりますよね。
相づちは、会話をスムーズにする潤滑油のような働きがあるのです。
でも英語での会話となると、「Yes」「No」くらいしか返せない人も多いのではないでしょうか。
ですが、相手の話に対して絶妙な相づちを打てると、会話がぐっと盛り上がるはず。
そこで、英語の相づちについて、いろいろなバリエーションをご紹介します。

リアクションジェンヌになる!上手な英語の相づちリスト

 

英語で相づちを打つときのポイントを知ろう!

ひと口に「相づち」といっても、英語と日本語では感覚が少し違います。
日本語の相づちが「うん」「ふうん」「へぇ」「なるほど」など相手の話に対する合いの手として使われるのに対して、英語の場合は、その話題に対する聞き手のスタンスを表明するという意味が込められることが多いのです。
これはお国柄がとても表れているといえるでしょう。
日本では、話しやすい雰囲気をつくるための方法として相づちが打たれますが、英語では一般的に、会話の中でお互いを理解し合うために相づちが打たれるのです。

 

英語の相づちの打ち方、いろいろ

相づち 何か提案をされたことに対して同意する

“Sure.” (いいよ)
“Sounds good!” (素敵!)
“Of course!” (もちろん!)
“Definitely!” (当然よ!)
“Why not?” (もちろん)

 

相づち 何か提案をされたことに対して反対する

“No way.” (とんでもない)
“Definitely not.” (絶対無理)
“I'm not sure I agree. ” (そうは思わない)

日本人は、反対の意志を示すとき、曖昧ににごす傾向があります。ですが外国人とコミュニケーションをとるときは、はっきりとした態度をとりましょう。
「相手の気分を害するかな」と不安になるかもしれませんが、曖昧なことを言うほうが混乱させてしまいます。
とくにアメリカ人などは、YES, NO をはっきりと言うお国柄ですから、こちらも強気でいくほうがスムーズです。
とはいえ、YESともNOとも言えないときもありますよね。そんなときは、次のような相づちがあります。

 

相づち 何か提案をされたことに対して、どちらとも言えないとき

“I can't say.” (どちらとも言えない)
“I'm not sure. ” (わかりません)
“I don't know how to answer that. ” (何と答えたら良いかわからない)
“Maybe so.” (たぶんそうね)
“Maybe.” (そうかも)
“It depends.” (場合によります)

日本人にとっては使いやすい相づちなのではないでしょうか。ただ、これらの相づちを使うのは、本当にどちらとも言えないときだけにしてください。
自分の中で「こうしたい」という意思があるときは、はっきりと相手に示しましょう。

 

相づち 驚いたとき

“Really?” (本当?)
“How come?” (なぜ、そんなことになったの?)
“It can't be!” (まさか!)
“I can't believe that!” (信じられない!)
“Seriously?” (本気ですか?)
“You're kidding.” (冗談じゃないわ)
“You must be kidding.” (ご冗談でしょう)

 

相づち 相手に同情するとき

“That's bad.” (それは大変でしたね)
“I'm sorry to hear that.” (それはお気の毒に)
“That's awful!” (ひどい!)

 

相づち 自分の感想を伝えるとき (That’s +形容詞)

“That’s wonderful(cool/amazing/fantastic).” (すばらしい)
“That’s interesting.” (おもしろい、興味を引かれる)
“That’s funny.” (おもしろい、滑稽だ)
“That’s odd.” (不思議だ)
“That’s ridiculous.” (ばかばかしい)
“That’s terrible.” (ひどい)
“That’s sad.” (悲しい)
“That’s unfortunate.” (がっかり、残念)

自分の感想を伝えられる「That’s+形容詞」という言い方は、覚えておくととても便利な表現です。

 

「合いの手」として使われる相づち

英語の相づちは、打つ側の気持ちを明確に示すものが多いのですが、なかにはそうでないものもいくつかあります。
例えば、次のようなものがそれにあたります。

・uh-huh (うん)
・Right (そうですね)
・I see (わかります)

これらは、日本の相づちと似ていますね。
相手に対して「聞いていますよ」ということを示すものですから、同意するとか反対するなどということとは関係ありませんが、会話の流れを整えてくれるのです。

 

PAGE TOP