おいしいを音で伝えよう!英語で食感を表現するには

料理のおいしさを表現する単語を、どれくらい知っていますか?
たとえば海外旅行でおいしい物を食べたとき、”delicious”(おいしい)と伝えるのは基本ですが、それだけでは話は広がりません。
何がどのようにおいしいのか…ということを説明できる表現力をつけると、より充実したコミュニケーションができそうですね。
おすすめなのは、食感についての表現力をつけること。
ふわふわ、カリカリ、サクサクなどの食感を英語で説明できると、より相手に伝わる表現になります。
そこで、食感を伝えるのに使えるいろいろな英語の表現を、ここではご紹介します。

おいしいを音で伝えよう!英語で食感を表現するには

 

やわらかい食感の表現を覚えよう

soft ”soft”

なめらかで柔らかいもの、簡単に形が変わる状態を表す表現です。ふわっとした食感を表現する単語としても使えます。たとえばケーキやパンなどは、基本的に”soft”で表現しましょう。また果物が熟して柔らかくなった状態を”soft”と表現することもあります。

 

soggy ”soggy”

水分を含んでやわらかくなったものを指す表現です。たとえば水を入れすぎたお米や茹ですぎた麺類、食べかけたまま放置してふやけたシリアルなど。また生焼けのピザなども”soggy”で表現します。

 

tender ”tender”

簡単に切ったり噛んだりできる状態を表します。soft が主にパンやケーキの柔らかさを表現するのに対して、”tender”は主に肉や温野菜のようなやわらかさを説明するときに使います。

 

fluffy ”fluffy”

パンケーキなどのふかふかした食べ物やふわふわした綿菓子などに使える表現です。また厚手の生地のピザにもよく”fluffly”が使われます。日本ではピザ生地の食感でおいしさを表現することはあまりありませんが、英語では”fluffy”がピザのおいしさとしてよく表現されるようです。

 

かたい食感の表現を覚えよう

hard ”hard”

「かたい」という表現ですが、日本語でいうと「カチカチ」という状態が一番あてはまるかたさのことを言う単語です。本来ならかたくないはずの食べ物に対して”hard”と言う場合は、「おいしくない」という意味になります。

 

tough ”tough”

英語には、かたさを説明する単語がいくつかありますが、その中でもこの”tough”をつかう場合は、「かたくて噛みきれない」というニュアンスが強くなります。

 

firm ”firm”

これもかたい状態を指す英語なのですが、「柔らかさのあるかたい物」に対してよく使われる単語になります。たとえばお豆腐。”soft” ”medium” ”firm”の順番でかたさを表示しています。また、お米のかたさにも使えますが、“firm rice”言うと「生煮えのお米」という意味になるので、注意してください。かために炊かれたお米がお好みの場合は、”medium-firm rice”と伝えましょう。

 

crunchy ”crunchy”

ニンジンやセロリ、ナッツなど、固くてカリカリしたものに使われる単語です。また、砕かれたピーナツが入ったチョコレートなども”crunchy”と表現されます。日本のメーカーのお菓子にも、このように表現されるものがありますから、イメージしやすいのではないでしょうか。

 

crispy ”crispy”

サクサクした食感を表す単語です。薄くて軽いものをイメージしてください。たとえば揚げ物でいうと、外側のサクサクの部分が”crispy”です。トーストや揚げ物、ポテトチップスなどによく使われる表現です。

 

そのほかにもある!食感の表現いろいろ

chewy ”chewy”

弾力があって噛みごたえのある状態を表す単語です。おもちやキャラメル、グミなどの食感が”chewy”だとイメージしてください。また厚みのあるビーフジャーキーや、ベーグルなどのもっちりしたパンにも使えます。ラーメンやうどんの「コシ」も”chewy”で表現できますから、覚えておくと便利です。

 

gooey ”gooey”

ねっとりとべたつく状態を指す表現です。たとえば溶けたチョコレートやハチミツなど、やわらかくて粘着性のあるものに対して使いましょう。砂糖やシロップがたくさん使われている甘いお菓子に対して使われることが多いようです。

 

sticky ”sticky”

粘り気がある状態を指す表現です。ネバネバ、ベタベタする様子をイメージしてください。”gooey”と似ていますが、”gooey”よりももっと粘着性の強いものに使います。代表的なのは納豆です。ちなみに、”sticky”と”gooey”はニュアンス的に重なるところも多いので、”gooey and sticky”とまとめて表現されることもあります。

 

おわりに

このように英語には、食感を表す言葉がたくさんあります。これらを使い分けられると、表現の幅がぐっと広がるでしょう。
外国人と食事をしながらのコミュニケーションというのは、よくあること。そんなとき「何を話そうか」と話題に困ってしまった経験もあるのではないでしょうか?
でもそのとき食べている物について話せれば、そこから会話が広がっていくはず。
食事というのは、お互いの国の文化を紹介するのに便利なシチュエーションでもありますから、ぜひ楽しんでくださいね!

 

PAGE TOP