期待した魚料理にありつける?魚の種類を英語で覚えよう

日本のレストランではメニューに料理の写真がついていることが多いので、どんな料理なのかすぐにわかりますよね。しかし海外のレストランでは写真つきのメニューを出していることはあまりなく、料理名とともに文章で説明書きが添えられています。ですから、海外のレストランで希望通りの料理にありつけるかどうかは、料理や食材に関する語彙力にかかっていると言っても過言ではありません。
そこで今回は、魚の種類や名前、調理方法を英語でご紹介しましょう。日本ほど多くはありませんが、海外でも魚料理を食べられるお店はありますし、スーパーマーケットなどでも買えます。ですから、英語のメニューを見て注文したり、調理方法を指示したりできると便利ですよ。

期待した魚料理にありつける?魚の種類を英語で覚えよう

 

魚の名前、英語でどう言うの?

まずは、おおまかに説明したり、理解したりできるようになりましょう。

種類 英語表現
白身魚 「White meat fish」または「Fish with white flesh」
赤身魚 「Dark meat fish」または「Fish with red flesh」
川魚 「Freshwater fish」または「River fish」
海魚 「Ocean fish」または「Sea fish」
 

そして、魚の名前も覚えておくといいですね。

日本語 英語 読み方
アジ horse mackerel ホース マッカラル
アナゴ conger eel コンガーイール
イワシ sardine サーディン
カジキ marlin マーリン
カツオ bonito ボニート
カレイ flounder フラウンダー
キス sand borer サンドボーラー
キンメダイ alfonsino アルフォンシーノ
サケ salmon サーモン
サバ mackerel マッカレル
サンマ saury ソーリー
スズキ sea bass シー バス
タイ sea bream シー ブリーム
タラ cod カッド
ニシン herring ヘリング
フグ globefish グローブフィッシュ
ブリ yellowtail イエローテール
マグロ tuna ツナ
メバル black rockfish ブラック ロックフィッシュ
 

魚の調理方法を英語で表現しよう

調理方法を表す英語を知っておくと、レストランのメニューや説明書きを理解しやすくなりますが、もっと便利なのが、スーパーマーケットなどで調理を指示できることです。
まずは、基本の単語や表現を抑えておきましょう。

“scale” (うろこ)
“guts”[gutの複数形] (内臓、はらわた)
“gut the fish” (はらわたを抜く)
“scrape” (こすりとる、削り取る)
“filet” (おろす)
“peel” (皮をむく)

 

続いて、調理方法を指示するときによく使うフレーズをご紹介します。

“Please scrape scales off and gut the fish.”
うろこと内蔵をとってください。

“Would you filet in 3 pieces?”
3枚におろしていただけますか?

“Can you take off the skin?”
皮をひいてもらえますか?

“Please born a fish.”
魚の骨を取ってください。

 

また、調理とはちょっと離れますが、魚を買うときに便利なフレーズも覚えておきましょう。

“I would like to have this salmon.”
この鮭をください。

“Can I eat this fish raw?”
この魚は生で食べられますか?

“Two pounds of shrimp please.”
小エビを2ポンドください。

 

海外の魚、鮮度は大丈夫?

魚は鮮度が命。日本にいても鮮度は気になるところですが、海外に行ったらなおさらでしょう。味だけでなく安全性にも関わってくることですから、大切なポイントです。
結論から言うと、鮮度については訪れた土地によって変わってくることが多いです。海に近い土地の魚は新しいし、種類も豊富。それに対して、内陸で海から離れているところは、鮮度についてはあきらめたほうがいいでしょう。

また海外に行くと、現地の魚の臭みが気になる日本人は多いようですが、料理の仕方によって臭みを抑えることもできますから、いろいろな方法を試してみてください。ただ、生で食べることはおすすめできません。日本と同じ感覚でいると危険ですから、気をつけてください。生の魚は、国によっては食中毒の危険性が高まることもあるので、食べるときは必ず加熱するようにしましょう。

 

まとめ

海外で過ごす時間が長くなると、無性に魚が食べたくなるときがあるものです。でも日本のように、どこでも魚料理にありつけるというわけにはいかないでしょう。そんななかで、幸運にも魚料理がメニューにあるお店を見つけたら、間違えないで注文したいですよね。今回ご紹介した魚にまつわる英語表現をしっかりと覚えておけば、きっと大丈夫。日本にはないような魚料理にも出会えるかもしれませんよ。

 

PAGE TOP