暑い季節、どう英語で表現しますか?

夏の暑さを表現したいとき、どのような言い方をしていますか?一言で「暑い」と行っても、「蒸し暑い」「ジリジリする暑さ」「うだるように暑い」など、日本語ではさまざまな言い方があります。そこで、これらを英語で表現するときのフレーズを見ていきましょう。また、「汗だく」や「熱中症」、「脱水症状」など、暑さに関連するワードもご紹介していきます。

暑い季節、どう英語で表現しますか?

 

「暑い!」を表現する英語フレーズを覚えよう

暑いと言ってもそのレベルは様々。「暑い」と表現するだけではなく、どんな風に暑いのかを伝えると、より会話が弾むと思いませんか? どんな伝え方が良いのか早速見ていきましょう。

暑い 基本の「hot」

天候が暑いことを表すときは、”it’s~.”で表現します。

“It’s too hot this summer.”
今年の夏は暑すぎる。

“It’s very hot outside.”
外はとても暑い。

“It’s extremely hot today!”
今日はひどく暑い!

“Today is the hottest day ever.”
今日が今までで一番暑い。

 

暑い ジリジリした暑さには「scorching」

“It is a scorching hot day.”
焦げそうに暑い日だ。

焼けつくようなジリジリとした暑さを表現したいときは、「scorch(焼き焦がす)」の形容詞表現「scorching」を使いましょう。よく「hot」とあわせて使われます。

 

暑い 溶けてしまいそうな暑さには「melting」

“It’s melting hot today.”
今日は暑くて溶けそう。

“I’m simply melting.”
(暑すぎて)もう溶けてしまいそうだ。

「melting」で天候を表すときは”it’s~.”で表現しますが、「暑くて自分が溶けそう」というときは、自分を主語にすることもできます。

 

暑い うだるような暑さには「boiling」

“It’s burning hot.”
うだるように暑い。

「boil」(沸騰させる)の形容詞表現「boiling」を使った表現です。炎天下の強烈な暑さのときに使います。

 

暑い ジメジメした蒸し暑さには「humid」

“It’s humid today.”
今日は蒸している。

“Japan is humid and hot in summer.”
日本の夏は蒸し暑い。

日本のジメジメした暑さには、「humid」がぴったりです。ちなみに、不快な暑さの原因である湿気を英語で「humidity」というので、あわせて覚えておきましょう。似た表現に”wet” や“moist”がありますが、暑さの表現としては「humid」がおすすめです。

 

暑い 汗が止まらない暑さには「sweat」「sweating」

“I’m all sweating.”
汗かきまくりだよ。

“I’m drenched in sweat.”
汗でびっしょりだ。

 

暑い 暑さを表現するフレーズ<応用編>

“I can’t take this heat anymore!”
もうこの暑さ、耐えられない!

“It’s like I’m in a sauna.”
サウナにいるみたい。

“I feel dizzy.”
くらくらする。

猛暑日に長時間外に出たりして、めまいがしてきたら、このように伝えましょう。

 

暑さに関連するキーワードを知っておこう

それでは、直接「暑い」と言うわけではないけれど、暑さに関連する大事な英語のワードも見ていきましょう。

暑い 熱中症は「heatstroke」

“Nancy fainted because she got heatstroke.”
熱中症になった。

“It’s like I’m in a sauna.”
ナンシーが熱中症で倒れた。

最近は熱中症で倒れる人が増えてきていますから、このワードは覚えておきましょう。自分が具合悪いときも、人が倒れたときにも使えます。夏のニュースには必ずと言っていいほど出てくる言葉です。

 

暑い 汗だくになったら

”I’m sweating.”では表現しきれないくらい、汗だくになることってありますよね。そんなときは、“like crazy”をあわせたフレーズで表現しましょう。

“I’m sweating like crazy right now!”
今、汗だくだ!

 

暑い 脱水症状になったら

“I’m dehydrated.”
脱水症状だ。

“I’m dehydrated. Someone give me water!”
のどカラカラ。誰か水ちょうだい!

「脱水する」「乾燥する」という意味の“dehydrate”で説明しましょう。のどが乾いたときにも使えます。

 

おわりに

このように、暑さを表現するフレーズやワードは意外とたくさんあります。暑くて体調が悪くなったときだけでなく、初対面の人との会話のとっかかりにも、天候の話はもってこいですから、いろいろな表現ができると便利です。基本の「hot」以外の、暑さを表現する単語を知っておくだけでも会話のニュアンスが変わってくるでしょう。また、「heatstroke」(熱中症)や「dehydrated」(脱水症状)などのキーワードを知っておくと、自分や友人が危険な状態になったときに、適切に助けを求めることができますから、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

PAGE TOP