海外旅行で戸惑わない!チップのマナーをマスター

海外には、チップの習慣がある国が数多くありますが、日本人にはなじみがないので、戸惑う人もいるでしょう。いつ・誰に・いくら払ったらいいのか分からないと、つい多めに渡しすぎてしまったり、逆に少なすぎて良いサービスをしてもらえなかったり……ということもあります。
そこで、チップについてしっかり確認しておきましょう。支払い方法やシーン別の注意点など、詳しくご紹介します。

海外旅行で戸惑わない!チップのマナーをマスター

 

チップは感謝の気持ち?

チップは、厳密にいうと支払い料金ではなく、感謝の気持ちをお金で表す習慣です。ですがチップの文化がある国は、チップが支払われることを前提として給料が決められることが多いので、渡す側にとっては感謝の気持ちでも、働く人にとってはチップも給料の一部といえるでしょう。

そう考えたら、親切なサービスをしてくれた人にケチケチしたくはありませんよね。もちろん、だいたいの相場はありますし、いつも多めにチップを渡したほうがいいというわけではありませんが、「この人にはいくらチップを渡したらいいかな?」と観察しながらサービスを受けていると、少しずつチップの文化にも慣れてきますよ。

 

現金?それともカード?チップを支払う方法

できれば、チップは現金で渡したいものです。そのほうが気持ちが伝わりますし、さりげなく渡せますからね。しかしカードで支払うこともできます。ネイティブでもカードでチップを支払う人はたくさんいますし、手持ちの現金がないこともありますから、決してマナー違反というわけではありません。

現金で支払う場合 現金で支払う場合

レストランのウェイターやウェイトレス、バスの運転手やガイドさん、ホテルで荷物を運んでくれるベルマンなどに支払う場合は、直接手渡ししましょう。紙幣を三つ折りか四つ折りにして、手のひらで隠すようにしながら渡すとスマートです。握手をしながら、その流れで渡すのもいいですね。

またテーブル会計のレストランなら、チップをお勘定皿の上に乗せたり、伝票ホルダーに挟んだりして、テーブルに置いて帰るという方法もあります。この場合は、紙幣でも折りたたむ必要はありません。

チップは基本的に、周りの人にわからないように渡すのがエチケットです。感謝の気持ちをお金で表すものですから、あからさまなやり方はせず、あくまでさりげなく渡しましょう。

 

カードで支払う場合 カードで支払う場合

まずは、購入する品物など、メインの支払いを先に済ませましょう。そのとき受け取るレシートに「tip」と書かれた欄がありますから、そこに支払いたいチップの金額を、「total」欄にチップとメインの支払い料金を足した合計金額を記入し、署名をして、店員さんに渡してください。これで、チップもカードで支払ったことになります。

 

シーン別でご紹介!上手なチップの渡し方

それでは、さらに詳しく、チップの渡し方をご紹介していきます。状況が違えばチップを渡すタイミングも違ってきますから、慣れないと戸惑いますよね。ここでは、シーン別に、具体的にどのようにチップを渡したらいいのかをまとめました。

ホテルのドアマン、ポーター ホテルのドアマン、ポーター

ホテルの中には、ドアマンとポーターが兼任されている場合があります。その場合は、ロビーから客室まで荷物を運んでくれますから、彼らが客室から帰るときにチップを渡しましょう。1つの荷物につき、1ドルほどが相場です。
ただ、ドアマンとポーターが別で、ドアマンがホテルのドアを開けてくれるだけの場合は、チップは必要ありません。

 

ツアーガイドに ツアーガイドに

海外旅行で必ずと言っていいほどお世話になるのが、ツアーガイド。基本的には現地の案内をしてくれる彼らですが、サービスは人それぞれです。旅行者がたくさん買ったお土産を持ってくれたり、車の運転をしてくれたり……なかには、おすすめのカフェでドリンクをごちそうしてくれるガイドがいたという話をきいたこともあります。
そんなツアーガイドには、1日の終わりにお礼の気持ちを込めて、チップを渡しましょう。アメリカの場合の相場は10ドルほどですが、親切にしてくれたガイドには、かなり多めに渡す人もいます。

 

タクシーで タクシーで

海外でもバスや地下鉄が充実している国はたくさんありますが、そういったところでも、乗り方や行き先などが不安なことは多いですよね。そんなとき便利なのがタクシーです。運賃とあわせてチップも支払いましょう。タクシーでのチップの相場は、運賃の20%ほどです。

 

バーやクラブ バーやクラブ

ドリンクを注文するごとにチップを支払いましょう。バーテンダーやウェイトレスに手渡しすれば大丈夫です。相場は1杯につき2ドルほど。

 

美容院 美容院

若い人たちの中には、テレビや雑誌で憧れていた美容院に行くことを、旅行のスケジュールに組み込む人もいるようですね。この場合、チップの相場は総額の20%ほどカットやカラーリングなどを担当してくれた店員に支払いましょう。料金を支払うときに、一緒に渡してください。

 

カジノ カジノ

日本では楽しめないレジャーとして、1度はカジノで遊びたいという人もいるのではないでしょうか。ラスベガスなどは、若い女性でも旅行先として人気があるようです。
カジノでは大当たりをしたときに、そのぶんを換金した中から現金でディーラーにチップを渡したり、次のターンで多めの金額を掛けてチップとしたり、という方法があります。カジノでディーラーに支払うチップの相場は、あってないようなもの。当たった金額や、そのときのメンバーの雰囲気によって変わってきますから、よく周りを観察しておきましょう。

 

PAGE TOP