知っているようで知らない?お肉の部位を英語で表現

海外では、レストランで肉料理を注文したり、スーパーでお肉を買ったりするとき、肉の部位を指定しなければならないことがけっこうあります。そんなとき、あわてず英語で伝えられたら、スムーズですよね。そこでお肉の部位を英語でどのように表現するのか、詳しくご紹介しますよ。

知っているようで知らない?お肉の部位を英語で表現

 

お肉の部位を英語で覚えよう!

まずは牛肉の部位についてみていきましょう。

牛肉の部位 牛肉の部位

リブロース (背中の部位)
英語では「rib」といいます。霜降りが入っていて、日本ではすき焼きに使うことが多い部位です。海外では、ローストビーフやステーキによく使われます。

サーロイン (背中の後ろ部位)
英語では「sirloin」といいます。日本でも「サーロインステーキ」なんてよく聞きますよね。ステーキだけでなく、ローストビーフなどにも向いている部位です。

ヒレ (サーロインの内側にあたる部位)
英語では「tenderloin」といいます。赤みが多い部位ですが、とても柔らかくて食べやすいお肉です。最高級肉として知られるシャトーブリアン(chateaubriand)も、部位としてはこのヒレの部分になります。

肩ロース (肩から背中にかけての部位)
英語では「chuck eye roll」といいます。すき焼きや焼き肉によく使われます。すじがあるので、薄切りにして料理されることが多いです。

肩肉 (うでにあたる部位)
英語では「chuck」といいます。薄切りにして、すき焼きやしゃぶしゃぶで食べるとおいしい部位です。

肩バラ (肩の部位にあたるバラ肉)
英語では「brisket」といいます。薄く切って、よく炒めものに使われます。

バラ (肋骨付近の部位にあたるバラ肉)
英語では「flank」といいます。日本では「カルビ」といわれているように、焼き肉で食べるとおいしい部位です。

スネ (足の部位)
英語では「shank」といいます。良いダシがとれるので、スープなどを作るときによく使われます。

シンタマ (うちももの下側の部位)
英語では「thick frank」といいます。日本では焼き肉で食べることが多いです。

ランプ (サーロインの後方にあたる部位)
英語では「rump」といいます。焼き肉やステーキによく使われます。

外モモ (ももの外側の部位)
英語では「outside round」といいます。かたいお肉なので、煮込み料理で食べることが多いです。

内モモ (ももの内側の部位)
英語では「inside round」といいます。オーブン料理としてこんがり焼いて食べることが多いです。

タン (牛の舌の部位)
英語では「tongue」といいます。英語の発音がそのまま日本語として使われています。日本では、焼き肉屋で食べる人が多いのではないでしょうか。

ネック (牛の首にあたる部位)
英語では「neck」といいます。このお肉は、レストランやスーパーではあまり見かけないかもしれません。赤みが多く、挽き肉にして売られることが多いです。

 

お肉料理の焼き加減の表現も学ぼう

海外のレストランでステーキなどの肉料理を注文すると、よく焼き加減を聞かれます。日本でもお店によっては聞かれることがありますが、だいたい「レア」「ミディアム」「ウェルダン」のうちのどれかを選ぶのではないしょうか。多くても「ミディアムレア」を加えた4段階までだと思います。ですが、海外では10段階もの焼き加減から選べることがありますから、ぜひ、自分の好みの焼き加減でオーダーしてみましょう。そのためにも、焼き加減を表す英語も覚えておきましょう。

お肉料理の焼き加減 お肉料理の焼き加減

raw
まったく火を通していない状態。生肉。

blue
ほんの数秒ほど焼いた程度。ほとんど生に近い状態。

blue rare
数十秒ほど焼いた状態。Blueとrareの間くらいの焼き加減。

rare
表面のみを焼いた状態。肉の周りは焼けているが、中の部分は生の状態。

medium rare
表面はしっかり焼くが、中心部は生に近い状態。rareとmediumの中間くらいの焼き具合。

medium
ほどよく火が通っていて、切ってみると完全に生の部分はないが、肉の中心部はうっすらとピンク色になっている状態。

medium well
焼けた色の部分が多くなり、ピンク色もほんのり見られる程度。mediumとwellの中間の焼き具合。

well
medium wellよりもさらによく焼いた状態。

well done
中までよく火の通った状態。ここまで焼くと肉質が硬くなり、肉汁も逃げやすくなる。

very well done
完全に中まで焼いた状態。赤身はまったくなくなり、肉汁もでない状態。

 

まとめ

いかがでしたか? 使われる肉の部位によって味や食感が違ってきますから、英語で部位を指定できたら便利ですよね。また、焼き加減も自分好みにオーダーすれば、海外での食事をより楽しめるようになるでしょう。
今回ご紹介したお肉に関する英語を使いこなして、海外生活や旅のグルメを充実させてくださいね。

 

PAGE TOP