海外旅行で準備しておきたい!便利な持ち物と必須アイテム

待ちに待った海外旅行の日程が近づき、いざ準備を始めると、悩むのは「何を持っていったらいいのか」ということです。
日本国内ならどこでも、すぐに安くて便利な物が手に入りますが、外国ではなかなかそうはいきません。
必要な物はもれなく持っていきたいですよね。でも、なるべく荷物を少なくしたいというのも本音…。
そこでここでは、海外旅行に絶対に持っていくべき物や、あると便利なアイテムをまとめてみました。

海外旅行で準備しておきたい!便利な持ち物と必須アイテム

 

絶対に持っていくべき証明書など

海外旅行では絶対に忘れてはいけないものがあります。まずは必須アイテムからご紹介します。

アイテム 詳細
パスポート 海外旅行をするとき、これを忘れては話になりません!
有効期限を必ず確認し、万が一のときのためにカラーコピーをとっておけばなお◎です。
航空券 パスポートと並んで絶対に忘れてはいけないのが航空券です。
往復分の航空券を必ず持っていきましょう。
なお海外便の場合、日本国内便と違って時間や便名などが変更になることがわりと頻繁にあるので、座席を確保したからといって安心できません。
こまめに情報を入手するようにしましょう。
ビザ 旅行先によっては必要な場合がありますので、事前にきちんと調べておきましょう。
海外旅行保険の保険証 海外へ旅行に行くのなら、保険に入っていた方が何かと安心です。
クレジットカードの付帯保険でカバーできる場合もありますので、チェックしておきましょう。
クレジットカード 海外では現金よりもクレジットカードの方が使える場所が多い国もあります。
違う会社のカードで2枚持っておくと、どちらかの取扱いがないお店でもカバーできるでしょう。
現金と違って両替の必要がないので便利です。
なお、使うときは、個人情報がもれないように気をつけてください。
 

荷物の持ち運びに便利なアイテム

海外では日本のように治安が良いとは限りません。そこで荷物の持ち運びに便利なアイテムや上手な荷物の詰め方をご紹介します。

アイテム 詳細
スーツケース 出発するときは、あまりギチギチに詰め込まないで、余裕を持たせるようにしましょう。
帰りのお土産が入らなくなってしまいます。
空港で預ける際は、貴重品を入れないように気をつけてください。
貴重品はいつでも手元に持っておくことが大切です。
また、荷物受け取りのとき、他の似ているスーツケースと間違えないように、目印になるシールなどをつけておくと便利です。
スーツケースやバック施錠用の鍵 盗難防止用の鍵を持っておくと安心です。
国によっては、空港で検査する時にスーツケースの鍵を壊される場合があるので、スーツケースの鍵は前もって開けておき、施錠用の鍵をしておくといいかもしれません。
観光・街歩き用のバッグ 身軽に移動するために、コンパクトなものがいいでしょう。盗難のための留め金がついているものや、内側にポケットがたくさんついているものがおすすめです。リュックでもいいのですが、身体の前に持つようにしてください。
 

自分に合った日用品も!

日本なら旅行先周辺のショップで自分の好みのものを購入できますが、海外になると話は別。自分に合ったものを使用したいならあらかじめ準備しておきましょう。

アイテム 詳細
シャンプー、リンス、石鹸 日本ではほとんどのホテルで備えつけられていますが、海外のホテルはそうでないところがたくさんあります。
現地で調達するのもいいですが、含まれている成分が肌に合わないと、旅行している間中ずっと不快な思いをするはめになりますので、自分に合ったものを持っていく方が無難です。
歯ブラシ、歯磨き粉 こちらも、海外では備えつけられていないホテルがよくあります。
また、あったとしても質が悪い場合もありますので、できれば出発する前に準備しておきましょう。
薬、サプリメント 常備薬は必ず持参してください。
海外では、食べ物が合わなくて突然の腹痛に襲われることも考えられますので、普段から飲んでいる薬を持っておくと安心です。
また万が一のトラブルで日程が延びる可能性もありますので、少し多めに用意しておきましょう。
 

靴や衣類は使い勝手のいいものを

夏だからといって旅行先も暑いとは限りません。使い勝手の良い衣類を持参すると万が一の場合にも便利です。

アイテム 詳細
ストール、ひざ掛け 飛行機内で冷えたときのために、あると便利です。
もちろん貸してもらうこともできますが、その場合は、数が限られているので、早めにお願いしておきましょう。
スニーカー 観光や街歩きのとき、ヒールは絶対にやめておきましょう!
せっかくの海外、おしゃれをしたい気持ちもわかりますが、足を痛めてしまっては元も子もありません。
国によっては道路の状態が悪いところもあるので、日本国内と同じように考えないように注意。
普段から履き慣れているスニーカーがおすすめです。
帽子 特に暑い国に行く場合は、日差しよけのために帽子を持っていきましょう。
日傘だと荷物になりますし、国によっては日傘の文化がない場合もあるので、注意が必要です。
必要以上に目立たないことが、防犯にもつながります。
カーディガン、パーカーなど 寒いときにちょっとはおったり、日差しが強いときに日焼け防止ができるような上着があると便利です。
あまりかさばるものは邪魔になり、結局持ち歩けませんので、薄手のものがいいでしょう。
フォーマルウェアが必要な場合も… もし、高級ホテルやレストラン、観劇をする予定がある場合は、街歩き用の服とは別にきちんとしたジャケットやワンピースも用意していってください。
なるべくなら荷物を少なくしたいのですが、TPOをわきまえることも大切です。
 

PAGE TOP