海外へ行く前に知っておきたい!国際線で持ち込みが禁止されているもの

旅行や出張で海外へ行くとき、飛行機に持ち込めないものがあるのはご存じですよね。ただ、「機内に持ち込んでよい手荷物」と「搭乗前に預けた方がよい手荷物」の区別をしっかり認識している人は少ないのではないでしょうか? 特に、普段よく使っているものは、「これなら大丈夫だろう」と思っていても、飛行機に乗るときには危険物として扱われる場合があるので要注意です。そこで今回は、国際線の飛行機に持ち込み禁止のものをご紹介しましょう。海外へ行く前に覚えておけば、手荷物のときにあわてずに済むはずですよ。

海外へ行く前に知っておきたい!国際線で持ち込みが禁止されているもの

 

なぜ持ち込めないものがあるのか?

飛行機に持ち込めないものは、基本的に「危険物」と見なされているものです。ナイフやゴルフクラブなど、明らかに武器となるようなものはもちろん、空を飛ぶ飛行機の中という特殊な状況では、普段何気なく使っている品物が「危険物」となることがあります。そのため、飛行機に乗る際には厳重な手荷物検査があるのです。

たとえば、危険物なんて持っていないのに、空港の金属探知機のゲートをくぐったら、小銭やベルトの金具に反応してアラームが鳴ってしまった…という経験をしたことがある人も多いでしょう。実際にそんなことがあると、「わずらわしいな」と思うでしょうが、これは安全を確保するために、大切なことなのです。テロやハイジャック、そして大事故を防ぐためには欠かせない重要な手続きですから、係員の指示に従って協力してください。

また、そうと知らず危険物を身につけていて、搭乗前の検査で発見されると破棄されてしまいますから、気をつけましょう。旅行の準備をする段階で、どんな荷物が機内持ち込みできるのか、また預け手荷物に入れられるのかといった確認をしておくことが大切です。

なお、持ち込みや預けられる品物については、航空会社によって細かいところが違う場合があるので、正確な情報は実際に利用する航空会社に確認するようにしましょう。

 

機内持ち込み・お預け共にできないもの

爆発のおそれがあるもの、燃えやすいもの、有害物質などの「危険物」は基本的に、機内持ち込みも預け手荷物に入れることも禁止されています。たとえば、カセットコンロ用のガス缶やスプレー缶などは危なくないだろうと思うかもしれませんが、それは地上での話。飛行機が上空まで上がると気圧の変化によって爆発するおそれがあるので、機内持ち込み手荷物、預け手荷物のどちらにも入れてはいけないことになっています。

また、漂白剤や強力カビとり剤なども普段使いの品物ですが、万一漏れてしまった場合、強い臭いや毒性が発生する可能性があります。それで飛行機内の環境に大きな影響を与えかねないので、機内持ち込みも預け手荷物も禁止なのです。

その他、「機内持ち込み」も「手荷物預け」もどちらもできないものを挙げますので、海外旅行をする際は持ち歩かないように注意してください。

■高圧ガス
・スプレー缶
・カセットコンロ用ガス
・ライター用補充ガス
・キャンプ用ガス
・ダイビング用ボンベ
・消火器

 

■引火性液体
・オイルライター
・ライター用燃料
・ペイント類

 

■火気類
・花火
・クラッカー
・爆薬

 

■酸化性物質
・小型酸素発生器
・漂白剤

 

■可燃性物質
・マッチ
・炭

 

■毒物類
・殺虫剤
・農薬

 

■腐食性物質、放射性物質
・液体バッテリー
・水銀

 

機内持ち込みはできないが、お預けできるもの

以下のものは、機内持ち込みは基本的に禁止ですが、手荷物預けにはできますので、スムーズに預けられるよう、事前に準備しておきましょう。個人旅行は当然のこと、ツアー旅行でも荷物は各自で準備しますから、自分でしっかり確認することが大切です。預け荷物にしていたら大丈夫だったのに、持ち込み手荷物に入れていたばかりに没収された…なんてことになったら悲しいですから、注意してくださいね。

■ナイフ、ハサミ類
・ハサミ
・ナイフ
・カッター

 

■先の尖ったもの、バット類
・ゴルフクラブ
・バット
・木刀

 

■工具類、スタンガン
・かなづち
・ドライバー
・ペンチ

 

機内持ち込み、お預け共にできるもの

また、「機内持ち込みできないだろう」と思っている人が多くても、意外と持ち込めるものもあります。以下のものは機内に持ち込んでも大丈夫なものです。手荷物預けにするほうが面倒な場合もありますから、これも事前にチェックしておきたいですね。

■バッテリー装着済の電子機器
デジタルカメラなど、バッテリー装着済の電子機器は、機内に持ち込むことも手荷物預けに入れることも可能ですので、安心してください。

 

■リチウムイオン電池を内蔵した携帯型電子機器
ノートパソコンやスマートホンなどは、機内に持ち込むことも手荷物預けに入れることも可能です。もし預け手荷物に入れる場合は、電源を完全にOFFにして、壊れないようにしっかり保護してください。

 

PAGE TOP