体調が悪い時、英語でどう表現すればいいの?

体調が優れない時ってありますよね。そんなとき、英語ではどう表現すればいいのでしょうか? 気分が悪かったり、熱っぽかったり、喉が痛くなったり……体調が悪いといっても、いろいろな症状があります。
どんなフレーズで表現したらスムーズに伝わるのか、ここでご紹介します。

体調が悪い時、英語でどう表現すればいいの?

 

まずは、体調が悪いことを伝える

具体的な症状の前に、まずはざっくりと体調が悪いことを伝えると、相手に理解してもらいやすくなるでしょう。

“I feel sick.” (具合が悪い)
※とりあえず、具合が悪いことをストレートに伝えたいときに便利なフレーズです。

“I’m under the weather.” (体調が悪い)
※「under the weather」は、日本語でいう「体調不良」に一番近い英語表現です。ネイティブはよく、このフレーズに”a bit” をつけて表現します。

“I’m a bit under the weather.” (ちょっと体調が悪い)
“I’m not feeling well.” (気分が悪い)
※このフレーズも、さまざまな原因の体調不良に使える便利な表現ですが、特に急な症状のときによく使われます。吐き気や腹痛などが突然襲ってきたときは、このフレーズを使いましょう。

 

具体的な症状を伝える

そして、自分の体調が具体的にどんなふうに悪いのかを伝えられるようにしておくことも大切です。症状を表す単語の前につく”a”や”an” 、”the”は決まり事として、そのまま覚えておきましょう。

“I have a stomachache.” (お腹が痛い)
※このフレーズはよく使われます。” stomachache”(腹痛)の他にも、”headache”(頭痛)や” toothache”(歯痛)などと組み合わせて使えるので、覚えておきましょう。

“I think I have a fever.” (熱がありそう)
※病院に行ったり体温計で計ったりしたわけではないけれど、なんだか具合が悪くて熱がありそう……というときに使う表現です。

“I have a fever.” (熱がある)
※こちらは、熱があるとはっきり確信しているときのフレーズです。

“I caught a cold.” (風邪を引いた)
“I feel chilly.” (寒気がする)
“I came down with the flu.” (インフルエンザにかかった)
※インフルエンザは正確には” Influenza”ですが、ネイティブは略して” flu”と言うことが多いので、覚えておきましょう。

“I have/got a runny nose.” (鼻水が出る)
“I have/got a stuffy nose.” (鼻がつまっている)
“I have/got a sore throat.” (喉が痛い)
“I feel dizzy.” (めまいがする)
“I feel nauseous.” (吐き気がする)
“I’m about to throw up.” (吐きそうだ)
※差し迫った場面で使えるフレーズですから、覚えておきましょう。

 

どうしたいかを伝える

体調が悪いことを伝えたら、どうしたいかという自分の要望も表現できると、それ以上悪化させずに済むかもしれませんね。

“I need to take a rest.” (休ませてほしい)
※具合が悪いとき、無理はしたくないものです。少しでも楽な姿勢でひと息つけるように頼んでみてくださいね。

“I need to go to the bathroom.” (トイレに行きたい)
※急な吐き気や腹痛に襲われたときは、休むよりも何よりも、まずはトイレに駆け込みたい……というのが正直なところではないでしょうか。このフレーズは”bathroom”ではなく”toilet”や”restroom”でも通じます。

“I need to see a doctor.” (病院で診てもらいたい)

“Please call the ambulance!” (救急車を呼んでください!)
※我慢できないほど症状が悪いときは、このフレーズを使ってください。

 

体調が悪い人にかける言葉

自分の具合が悪いときのフレーズを覚えたら、次は、人の体調にも気を配れるようになれるといいですね。

“Are you all right?” (大丈夫ですか?)
※体調が悪い、もしくは悪そうな人に対して気づかう表現です。

“Hope you get well soon.” (早くよくなることを祈っているよ)
“Take care.” (お大事に)
※正確には、” Take care of yourself”というのを略したフレーズですが、ほとんどのネイティブは”Take care”と言います。

 

まとめ

どんなに健康な人でも、体調が悪くなることはあるものです。もし、あなたにそんなことが起こったときは、今回ご紹介したフレーズで乗り切ってくださいね。ネイティブがよく使う表現ばかりをピックアップしたので、フレーズごと覚えてしまうのもいいでしょう。そうすれば、人の具合が悪くなったときも、いち早く対応できるはず。そんなところから、より深い交流ができるようにもなるかもしれませんよ。

 

PAGE TOP