Sorryだけじゃない!ごめんなさいを英語で表現しよう

日本では、謝罪をするときの言葉がいくつかありますね。普段からよく使われる「ごめんなさい」や「すみません」だけでなく、「申し訳ありません」「失礼しました」といった仕事やフォーマルな場面で使われる言葉もあり、カジュアルなものから丁寧なものまで様々です。
同じように、実は英語にも、謝罪の意味を表す言葉がたくさんあるんですよ。相手や状況によって適切な謝り方がありますので、ご紹介しましょう。

Sorryだけじゃない!ごめんなさいを英語で表現しよう

 

英語でカジュアルに謝るとき

まずは、代表的なフレーズから。

“I’m sorry.” (ごめんなさい)
これは、親しい相手に気軽に謝るときはもちろんのこと、初対面や知らない相手にも使える便利な言葉です。
また、”I’m” と”Sorry”の間に”really”や”deeply”などの副詞を入れることで、どれだけ強く謝罪の気持ちを持っているかということを示すこともできます。

“I’m really sorry.” (本当にごめんなさい)
“I’m deeply sorry.” (心からごめんなさい)
この他にも、” very”、”so”、”terribly”などが、”sorry”と合わせてよく使われるので、覚えておくといいでしょう。

 

“Sorry!” (ごめん!)
“I’m sorry.” から ”I’m” を取っただけですが、これだけでぐんと気軽さが増します。親しい相手に対して一番よく使われるフレーズです。
このように、“sorry”を知っていれば、とりあえず謝ることはできるでしょう。ですが、もっとこなれた表現を使えればマンネリ感がなくなりますし、英語でのコミュニケーションがぐっと楽しくなりますよ。

“My Bad.” (ごめんねー)
“Sorry!”以上にくだけた表現になるフレーズです。家族や親しい友人たちなどに対して使えます。謝りながらも、「今度から気をつけるから、許してね」というニュアンスが含まれているので、小さなミスをしたときなど、軽く謝りたいときに使いましょう。大変な間違いをしたときなどには適切ではありません。

 

“My fault.” (ごめんね)
自分が悪いと認めた上で気軽に謝るときのフレーズです。日本語で近いのは、「私のせいで、ごめんね」というところでしょうか。”my bad”よりもやや丁寧なニュアンスになります。

You forgot to call me last night. (あなた、昨日私に電話してこなかったね)
Oh! my fault! (あー!ごめんね!)

 

“Forgive me.” (許して)
これは、相手が許してくれると期待しながら謝るときの表現です。実際に使うときは、他の謝罪のフレーズと合わせて言うといいでしょう。

I’m so sorry, forgive me. (ごめんなさい、許してね。)

 

英語でフォーマルに謝るとき

ビジネスなどのフォーマルな場面で謝るときは、「謝罪する」という意味を表す”apologize”を使いましょう。”apologize”は、自分の責任を明確にして相手に謝る表現なので、仕事などのやりとりで使い勝手がいいのです。 “I apologize for 〜”で、「~のことを謝ります」とか「~について申し訳ありません」という意味になります。いくつか例をあげましょう。

“I apologize for the delay on this project.”
(このプロジェクトが遅れて、申し訳ありません。)

“I apologize for what I said to you yesterday.”
(昨日君に言ったことを謝ります。)

“I want to apologize for what I’ve done.”
(私がしたことを謝りたいのです。)

“I apologize for my late reply.”
(お返事が遅くなり、申し訳ありません。)
また、”I’m sorry.”ではなく“I am sorry.”と、”am”を省略せずにきちんと発音するだけでもぐっとフォーマルな印象になります。

 

謝罪ではない「ごめんなさい」

日本では、謝る必要のないときでも「ごめんなさい」とか「すいません」などと言うことがありますよね。たとえば、自分が通る道をあけてほしいときや、相手の注意を引きたいときに、「すみません、通してください」とか「ちょっとごめんなさい」と声をかけるでしょう。意味としては、「失礼します」というのが近いですよね。
そんなシチュエーションで使える英語は” Excuse me.”です。

“Excuse me, I can’t hear you.”
(すみません、声が聞こえません。)

“Can you excuse me?”
(ちょっといいでしょうか?)
このように、謝罪ではない「ごめんなさい」には”sorry”や”apologize”は使いませんので、注意しましょう。

 

おわりに

このように、英語にもさまざまな謝罪の表現があります。相手に対して申し訳ないと思ったら、自分の気持ちに合わせて使い分けるといいでしょう。
ただ気をつけてほしいのは、海外では日本にいるときと同じような感覚で謝ると、トラブルに繋がることもあるということ。謝るということがそのまま「自分の非を認める」という認識をする国も多いので、あまりむやみに謝ると、負う必要のない責任を押しつけられる危険性もあるということを、覚えておいてくださいね。

 

PAGE TOP