緊急時に役立つ!台風を英語で説明しよう

日本では夏になると、各地で台風の被害が多くなります。台風の進路や強さなどが予測しにくいときは、臨時ニュースが流れることもありますね。でも、そんな緊急時はテレビ局やネットニュースでも文面を用意する時間があまりありませんから、日本語のみの表記となることが多く、外国人にはイマイチ伝わりにくくなってしまいます。そこで外国人に日本の台風の状況を伝えるとき、どのように表現をしたらいいのか解説します。また、台風と似ているハリケーンやサイクロンなどとの違いもまとめてみました。

緊急時に役立つ!台風を英語で説明しよう

 

台風は英語でどう表現するの?

「台風」のことを英語では”typhoon”といいます。
読み方は「タイフーン」(taifúːn)で、日本語の「台風」と発音が似ています。
それもそのはず、そもそも日本語の「台風」は、英語の”typhoon”からきている言葉なのです。
明治時代、気象台長の岡田武松という人が「颱風(たいふう)」と呼んだのが始まりといわれています。
その前は、野分(のわけ)や大風(おおかぜ)と呼ばれていました。
これらの呼ばれ方は、学生のときに古文の授業で習った記憶がある人もいるのではないでしょうか。

 

台風がきたとき、英語でどう表現する?

それでは、実際に台風がきたときにどんなふうに表現したらいいのか、例文とポイントをあげて説明していきましょう。

“A typhoon is developing.”
台風が発達している。(develop=発達する)

 

“A typhoon is approaching.”
台風が近づいている。(approach=接近する)
もっと簡単に"come"を使って、“A typhoon is coming.”と表現しても、同じ意味になります。

 

“The typhoon is coming to Tokyo.”
台風が東京に接近している。
このように具体的な地名をあげて説明すると、より親切ですね。

 

“The typhoon made landfall near Tokyo.”
台風が東京付近に上陸しました。
make landfall=(台風などが)上陸する

 

“The typhoon hit Tokyo.”
台風が東京を直撃しました。(hit=命中する、直撃する)

 

“The typhoon has passed.”
台風が通過しました。(pass=通りすぎる)

 

“clear weather after a typhoon has passed”
台風一過
日本語では、台風が通過した後の晴天を「台風一過」と言いますが、これをそのまま一つの単語で言う表現は、英語にはありません。ですから、外国人に対しては「台風一過とはどういう状況なのか」というところから噛み砕いて説明しましょう。

 

“My train is delayed due to the typhoon.”
台風のせいで私の電車は遅延しています。(delay=遅らせる、due to~=~が原因で)

 

“Roads got flooded in heavy rain.”
大雨で道が浸水しました。(flooded=浸水した)

 

“The power went out.”
停電しました。(power=電力、go out=消える/機能しなくなる)

 

“The power is back.”
電気が戻りました。

 

“In Japan, typhoons are given numbered names.”
日本では台風に数字で名前をつけます。
日本では、「台風○号」と数字をつけて呼ばれるのがおなじみとなっていますが、海外ではそうとは限りません。たとえばアメリカでは、ハリケーンには人の名前がつけられるのが一般的です。
ですから、日本では数字をつけて台風を区別するということを外国人に教えてあげるといいでしょう。または相手のほうから「この台風の数字は何?」などと質問されることもあるかもしれませんから、説明の仕方を前もって覚えておくのもおすすめです。

 

ハリケーンやサイクロンと台風の違いって?

日本では、大きな被害をもたらす天候として代表的なのは台風ですが、外国のニュースを見ていると、「ハリケーン」や「サイクロン」といった言葉をよく耳にします。ただ、ニュースの内容を聞いていると、「台風とどう違うのかな?」と思う人も多いのではないでしょうか。
そこで、「台風」「ハリケーン」「サイクロン」の違いを調べてみました。これらは、気象状況としては同じ「熱帯低気圧」なのですが、発生する場所によって呼び方が変わってくるようです。

typhoon(台風)…北西太平洋で発生する熱帯低気圧
hurricane(ハリケーン)…北大西洋や北東太平洋で発生する熱帯低気圧
cyclone(サイクロン)…南太平洋やインド洋で発生する熱帯低気圧

 

厳密に言うと、他にもいろいろと定義の違いはあるのですが、一番はこの発生した場所が大きな違いとなります。

 

PAGE TOP