日本と何が違うの?海外のバレンタイン事情に迫る

バレンタインデーといえば、日本では女性が男性にチョコレートを渡して愛を告白する日。
最近では、恋愛感情なしで「日頃の感謝を伝える」という意味合いが少しずつ強くなってきているようですが、それでも恋愛を意識する一大イベントであることは間違いないでしょう。
ですが、この「バレンタインデーに女性から男性へチョコを渡す」という文化は、実は日本だけということを、知っていましたか? 2月14日のバレンタインデーは世界中でさまざまなイベントがありますが、海外では日本とは違った習慣があるようです。そこで、海外のバレンタイン事情を、国ごとにご紹介しましょう。

日本と何が違うの?海外のバレンタイン事情に迫る

 

アメリカのバレンタインデーの習慣

アメリカではバレンタインデーに、男女関係なくプレゼントを贈り合いますが、どちらかというと男性から女性に贈るほうが多いようです。
贈る物はチョコレートとは限らず、花束やぬいぐるみ、バルーンなどにメッセージカードを添えて渡すそう。
また日本でクリスマスイブの恋人たちがするように、レストランを予約して一緒に食事をするのも、バレンタインデーの人気の過ごし方です。

 

イタリアのバレンタインデーの習慣

イタリアでもバレンタインデーは盛り上がるイベントです。
プレゼントをするのは男女どちらからと決まっているわけではありませんが、そこは男性が積極的なお国柄のイタリア。基本的に男性のほうが、いろいろと忙しく動くようです。
バレンタインデーに人気のプレゼントは、赤いバラ。バラの本数によっていろいろな意味を込める人もいるそう。イタリアの男性って、とてもマメなんですね。
そして、もう一つ人気のプレゼントが、なんと赤いランジェリーなんだとか。ランジェリー、しかも赤い色となると、日本の男性では考えられないプレゼントですが、情熱の国イタリアでは、特に変わったことでもない様子。
また日本では定番のチョコレートを贈ることもあるようですが、これはイタリアでは、あくまでもおまけという扱い。
バラやランジェリーなどのメインのプレゼントに添えられるといったことのようです。

 

ドイツのバレンタインデーの習慣

ドイツのバレンタインデーは、すでにお付き合いをしているカップルや、結婚している夫婦など、特別に親しい関係のみにおいて祝うイベントです。
そのため「片思いの気持ちを伝える」という習慣はないので、まだ交際をしていないのにプレゼントを贈ったりすると、相手に戸惑われるかもしれません。
とくに職場の上司などに義理チョコを渡すと、変なふうに誤解される可能性がありますから、気をつけましょう。

 

韓国のバレンタインデーの習慣

韓国のバレンタインデーは、日本と似ています。
女性が意中の彼に、胸に秘めた想いをチョコレートに託して、勇気を振り絞って告白する大切なイベントです。
ホワイトデーの習慣もあるので、もしかしたら日本のバレンタイン文化が広がって、韓国にも定着したのかもしれませんね。
ただバレンタイン関係のイベントで、日本にはないものもあります。
それは4月14日の「ブラックデー」と呼ばれる日です。この日は、バレンタインデーでもホワイトデーでも異性とご縁のなかった人が、黒い服を着てチャジャンミョン(真っ黒い食べ物)を食べるそうです。なんだかブラックジョークのような話ですが、「この人はシングルだな」とすぐにわかるので、そこからまたご縁が生まれやすくなりそう。
効率的なイベントといえるかもしれません。

 

台湾のバレンタインデーの習慣

台湾は年に2回、バレンタインデーがある国です。日本と同じ2月14日と、旧暦の7月7日。そして、どちらかというと旧暦の7月7日のほうが盛り上がるそうですから、おもしろいですね。
また男女ともにプレゼントを贈り合いますが、チョコレートを渡すという文化はなく、それぞれ相手が喜びそうなものを考えて用意します。
ただ、プレゼントよりも「大切な人とデートや食事をして一緒に過ごす」ということのほうが重要視されているそう。
そのため、高級ホテルやレストランの予約が一気に埋まるので、早め早めに計画を立てておかなくてはならないようです。
そんなふうにしてバートナーとともに過ごすとき、男性から女性にバラの花が贈られたら、そこには特別な意味が込められています。
1本は「あなただけを愛している」、11本は「あなたを一生愛し抜く」、そして100本は、「結婚してください」ということで、プロポーズを考えている男性は、バレンタインデーに勝負をかける人も多いそうです。

 

PAGE TOP