音楽好きにおすすめ!洋楽で英語の勉強をしよう

もし、あなたが音楽好きで、特に洋楽を聴いているのなら、英語の勉強に役立てない手はありません。
机に向かってテキスト学習をするのもいいですが、時には好きな洋楽で楽しみながら勉強すると、メリハリがついて飽きずに英語を続けられるはず。
そこで、洋楽を英語学習にいかすときのポイントについてお話ししましょう。

音楽好きにおすすめ!洋楽で英語の勉強をしよう

 

洋楽が英語学習におすすめな理由

洋楽で英語の勉強をするとき、主に3つの効果が期待できるといいます。

ギター 英語の発音やリズム感を学べる

もともと好きな音楽を聴くのですから、楽しみながらできるのは間違いありません。
また歌詞の内容や使われている単語などを知ることで、自分の好きなアーティストがどんなことを歌っていたのか、これまでよりも深く理解することができるでしょう。
その喜びは、想像する以上に大きいはずです。
みなさん、ビジネスや旅行、趣味など、英語を学習する目的はそれぞれでしょうが、「英語で伝えられることを理解したい」というのは共通しています。
好きな音楽を聴きながら、好きなアーティストが歌う内容を、英語で直接理解できる…これは、英語を勉強するモチベーション維持にもなるでしょう。

 

ギター 楽しみながら英語が身につく

日本の音楽もそうですが、歌というのは一般的にメロディーに歌詞を当てはめてつくられているものです。
ですから文法的には正しくない場合もあり、細かいところを確認するのには向いていません。
しかし発音や英語のリズム感を学ぶのには最適です。ポップスやロック、バラードなど、さまざまな音楽を繰り返し聴くことによって、耳が慣れてきて、自然と英語の発音、音の感覚が身につくでしょう。
また聴くだけではなく、自分でも声を出して歌うのも効果的です。自分で発音することによって「どうしてこのような発音になるのか」ということがわかるので、アウトプットの練習になるだけでなく、実はリスニング上達も期待できるのです。ですから、好きな音楽に乗せて、ネイティブになりきって歌ってみてください。正しい発音や英文の強弱・リズムなどが自然とわかり、表現力の幅がぐっと広がるはずです。

 

ギター 気分転換になる

いくらやる気があっても、ずっと英語を勉強していたら煮詰まるときもありますよね。
そんなときはテレビやスマホに逃げるよりも、音楽を聴くほうがずっといいですよ。一休みと言いつつ、テレビからいらない情報入れ続けているのでは、頭はちっとも休まりません。
それに比べて、音楽には癒しの効果があります。ゆったりした音楽だけでなく、激しいロックやメタルなどを聴いても意外とリラックスできるのは、そのためです。
ですから「ちょっと勉強に疲れてきたな」と感じたら、ぜひ音楽を聴いてください。
ことさらに「リスニングの勉強をするぞ」と気合をいれなくても、洋楽なら頭を休めながらリスニング強化になりますから、一石二鳥ですよ。

 

洋楽で英語を勉強するときのコツ

洋楽で効果的に英語力をつけたいときは、発音とリズム感を強化する、としっかり意識するのがコツです。
文法的には必ずしも正確な表現が使われていないことも多く、単語が省略されていたり、あえておかしな表現をしていたりする場合もあるので、注意してください。
文法の基礎を学ぶときはテキスト学習をするようにして、洋楽はあくまでも「文法だけでは表現しきれない感覚を身につける」と割り切ることです。
発音やリスニング力をアップさせたり、語彙力やリズム感を養ったり…といった目的なら、洋楽はすばらしい教材になるでしょう。

 

英語学習におすすめの洋楽3選

ここで、おすすめの洋楽をいくつかご紹介します。英語力の上達を狙うなら、あまりにも激しいロックやメタルは、ネイティブでも聞き取りにくいことが多いので、おすすめできません。
やはり、発音がきれいなアーティストの楽曲を選ぶといいでしょう。

おすすめ洋楽 Top Of The World(カーペンターズ)

英語初心者におすすめの曲です。カーペンターズのボーカルは発音がはっきりとしていて聞き取りやすいので、洋楽に慣れていない人でも嫌にならないでしょう。
とくにこの『Top Of The World』はちょうどいいテンポで、わかりやすい単語が多いです。
カーペンターズでは他に『Close To You』や『Yesterday Once More』なども初心者向き。スピードがゆっくりなので、自分で歌いながら発音を確認するのにも最適です。

 

おすすめ洋楽 All My Loving(ビートルズ)

ビートルズは世界で最も有名なバンドと言ってもいいのではないでしょうか。
彼らの楽曲はわかりやすくシンプルな歌詞が多いので、やはり初心者にむいています。特に『All My Loving』は中学生レベルの英語力でも理解できる歌詞なので、とっつきやすいでしょう。

 

おすすめ洋楽 TAPESTRY(キャロル・キング)

キャロル・キングの声は、少しやわらかく輪郭がぼやけた印象なので、ビートルズやカーペンターズと比べると、最初は聞き取りづらく感じるかもしれません。
ですが、よく聞くと一つひとつの単語を丁寧に歌っているので、慣れてきたら、聞き取りやすく感じるでしょう。とくに『TAPESTRY』はテンポがゆっくりなのでおすすめです。
ビートルズやカーペンターズから、もう一歩次の段階に進みたいときに、ぜひ挑戦してみてください。

 

PAGE TOP